フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Ripre

FB

« 井田練!死にましたぁ( ☆o☆) | トップページ | 投稿写真ミスキナ(Y特派員より) »

2005.01.21

鈴木貴男vsフェデラー

オーストラリアンオープンシングルス2回戦、世界一のフェデラーに対して、果敢に自分のテニスを貫いた姿勢は立派だと思います。プロに対して、負けた試合を褒めるのも失礼かと思いますが、試合には負けたけど勇気を出して自分に勝てたゲームだったのではないでしょうか?

現地特派員!?ミスターYの観戦リポートによると…

フェデラー戦、観戦してきました。
結果は残念でしたが、非常に熱い試合でした。
抜かれても抜かれてもネットに詰める貴男には
涙しそうになりました。またセットに1、2回
やってくる要所を完全に支配するフェデラーの
すごさにも感動しました。
続きはまた新宿の居酒屋ででも・・・w

いま、インナーゲームという本を読み返していまして、その中にこんな一文がありました。
…テニスでは、競争が、協調なのだ。待っていてもコートに波はやってこない(前の文章でサーファーが大きな波と対峙することにより自分のピークを確認できると書いている)。可能な限り、互いに対戦相手の「大きな波」(障害)となることが、プレーヤー同士の義務ですらある。それによって初めて、双方がそれぞれの能力の上限を発見する機会を与え合う事ができる。そこで、私は驚くべき結論に達したのだった。真の競争は、真の協力と等式で結ばれるのだ、と。…

ある意味、世界最高峰のプレーに接して、貴男選手も素晴らしいパフォーマンスを出せたのではないでしょうか(それでも要所を1ブレークで勝ってしまうフェデラーは凄い!)。負けは残念ですが、今後のプレーに期待できる敗戦でなかったかと思います。ダブルスは勝ち残っているようですから、期待しましょう!

日本テニス協会のメルマガでは、こんな記事が書かれていました。
---------------------

◇ 鈴木貴男のネットプレーが観客を酔わせ、王者フェデラーをたじろがせた ◇
広報委員・フリーライター 秋山 英宏

[男子シングルス2回戦](19日ナイトセッション)
○ロジャー・フェデラー(スイス) 6-3,6-4,6-4 ●鈴木貴男

●ロッド・レーバーアリーナの正面入り口には、その日のナイトセッションに出場する選手の大きな写真が掲げられる。この日、メルボルンパークを訪れた観客を迎えたのはロジャー・フェデラーと鈴木貴男の写真だった。予選を突破し、本戦1回戦ではジャンマイケル・ギャンビルを下した鈴木。2回戦の相手は、世界ランク1位、22連勝中の王者だった。

●試合開始後2分で、スタジアムの観客は鈴木がどういう選手であるかを理解した。フェデラーのサービスで始まったこの試合。最初のポイントから鈴木はネットで勝負を挑んだ。レシーブからのネットアプローチが2回、3回と増え、そのたびに観客のどよめきが大きくなった。もちろん、サービスゲームでは徹底したサーブ&ボレー。入れ込みすぎなのか、立ち上がりは力みも見られたが、すぐにいつもの鈴木のサービスゲームに戻った。

●サービスキープはある程度計算できる。あとはリターンゲームでどれだけポイントが取れるか。鈴木の生命線は、スライスでカットして素早くネットにつくチップ&チャージだった。その攻撃がフェデラーのバランスを崩した。もちろん、コースが甘くなり、パスの餌食になる場面もあった。肝心なのは鈴木が徹底徹尾そのプレーにこだわったことだ。

●鈴木のネットアプローチには、さすがにフェデラーも戸惑ったか、序盤は対応が遅れる場面が目立った。相手の攻撃にあたふたするフェデラーなど、なかなか見られるものではない。観客は鈴木のネットプレーに大喝采を送った。オーストラリアの観客はあるいはパトリック・ラフターの姿をダブらせていたのかもしれない。いずれにしても、今では“絶滅”の危機にあるクラシカルなプレースタイルが彼らの心の扉を叩いたのだ。王者フェデラーが予選上がりの選手をあっさり下すシーンを想像していたファンは、掘り出し物を見つけたような気分でこの試合を楽しんだに違いない。

●序盤の流れを左右したのは、第6ゲームだった。ダブルフォールトで0-15、次のポイントは鈴木がステイバックしてストロークをミスし、0-30となる。鈴木は時速210キロのエースなどで食い下がったが、フェデラーが素晴らしく速いフォアハンドのパスを放ち、ブレークに成功する。「カモン!」。フェデラーの叫びがスタジアムにこだました。序盤とはいえ、この相手を乗せたらえらいことになる、そう感じたフェデラーがギアを1段上げたのだ。

●第2セットにも同じような場面があった。4-4で迎えた鈴木のサービスゲーム。フェデラーは15-40とブレークポイントを握った。ここで鈴木はキレのいいドロップボレーを放つ。フェデラーは俊敏な動きでこれを拾い、ネットポールの外側から、地面を這うようなボールを鈴木のコートに打ち込んだ。パスというより、アイスホッケーのシュートのようだった。これでフェデラーの5-4。スーパーショットでブレークに成功したフェデラーが主導権を握り、そのまま第2セットをものにした。

●第3セットは中盤から鈴木の体のキレが落ちてきた。それでも必死にサービスをキープする鈴木。観客の声援もそれを後押しした。4-4まではスコアが並行していたが、第9ゲームで鈴木が力尽きたようにサービスダウン。最後はフェデラーがラブゲームでサービスを守り、6-4で押し切った。

●観客は一斉に立ち上がり、両選手に拍手を送る。声援に日本式のお辞儀で応える鈴木。観客席からの拍手と口笛がひときわ大きくなった。最後にもう一度お辞儀をして、挑戦者はコートを去った。勝利者インタビューのためにコートに現れたジム・クーリエは「これまでセンターコートで行われた中で一番の試合だった」とフェデラーに語りかけた。

●予選決勝や1回戦のように、執拗なネットラッシュで相手を困惑させ翻弄するようなプレーができれば、フェデラーからでもセットが取れる、勝機があると思われた。鈴木のネットアプローチは計96回を数え、フェデラーにも困惑は見て取れた。しかし、それで終わらないところがさすがは王者フェデラーだった。鈴木は「彼も(サーブ&ボレーやチップ&チャージを)嫌がってくれたと思う。ところどころ混乱したこともあったと思うが、彼はそれに対する対応が早く、一度はうまくいっても次は頭を整理してきた。だから彼は強いんだと思う」と脱帽した。

●それでも、鈴木のパフォーマンスは間違いなく観客を酔わせ、楽しませた。そして、この試合が鈴木貴男という選手のレベルを一段引き上げたことは疑いない。
「テニス人生の中で大きな1ページになった。それを活用するためにも、少しで
も長く世界で戦いたいと思う。これを大事な1ページにしたい」。
力を出し尽くした鈴木が、堂々と会見場を後にした。

日本テニス協会「Tennis Fan」より転載

---------------------

鈴木貴男オフシャルホームページ
 http://www.suzukitakao.jp/top.html
オーストラリアンオープン公式サイト
 http://www.australianopen.com/
鈴木貴男 センター・コートを舞う。
 http://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2005/01/post_14.html

スイス・ジャーマンのTV局(SF DRS)より試合の映像(ダイジェスト)
 ※Rogi オタ ワールド! blog さんからの情報です

« 井田練!死にましたぁ( ☆o☆) | トップページ | 投稿写真ミスキナ(Y特派員より) »

Tennis テニス てにす」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございます。
貴男さんの試合はあまり放映されないのでご存じないかもしれませんね。AIG、全日本、デ杯などを観に行く機会があれば是非ご覧になってください。ネットプレーとスライスの使い方が素晴らしく、いまどき珍しいスタイルで観客を楽しませてくれます(^^)

鈴木貴男さんしらないです

コメント有り難うございました。
僕自身はベースラインプレーヤーで、プロの試合もベースラインプレーヤーを応援しがちなのですが、ボレーヤーとの攻防があってこそベースラインプレーヤーも光るのであって、ボレーヤーが減っているのは寂しいですね。

トラバ有難うございました。
絶滅危惧種の活躍を祈るばかりです。

ご来訪ありがとうございます。
数少ないネットプレーヤーとして頑張って欲しいです。数年前「俺はフォアのスライスを極める!」と言っておりましたが、有言実行で頑張っていますね。

はじめまして。トラックバックをどうも。
海外選手のミーハーみたいな私ですが、鈴木選手へのスタンディングオベイションは、誇らしかったです。ほんとに良い試合でした。これからも活躍してほしい。ネットプレーヤーは不滅です!不滅であってほしい!

コメント有り難うございます。
僕もこの試合観てみたいっす。
誰かビデオ持ってないかなぁぁ(ぼそっ)

TBありがとうございました。
しかし、いろんな記事を詠めば読むほどすごい試合だったようですね!
う~ん、はやくこの試合を見てみたい!

BLUEさん 坊主さん
僕も映像見れなかったんですよ(ToT)
辛うじて上記TV局サイトのダイジェストで拝見(^^;
自分のテニスを貫くって姿勢がいいですよね♪

P.S.
僕もヒューイットの復活を祈っています。
究極のシコラーとして尊敬ランキング2位です!
1位はムスターです(笑) 若い人は知らないかな?(^^;

鈴木貴男まけちゃったんですねー。。
でも健闘したいみたで!
ホント観たかったです。観れない環境がうらめしい・・・。
個人的にはヒューイットが決勝でフェデラーを激闘の末に破ってくれることを強く願っています^_^
先は長いですが・・・。
TBありがとうございました。

TBありがとうございました。試合を見ることが出来なかったのですが、記事を読み終えて鈴木の終始フェデラーに立ち向かっていく姿が思い浮かんできて感動してしまいました。徹底徹尾そのプレーにこだわる・・自分のプレーを信じてるからこそ最後までそのプレーを貫いた勇気ってなかなか試合で出せるものではないですがそういうプレーが出来るように頑張っていきたいです。

こんにちは。コメント有り難うございました。
お互いの良いプレーを引き出し合っての好ゲームだったのですね。(実は放送を見ていないんです・・・残念!)
確かに、AIG来てくれたら嬉しいですね(^-^)

TBありがとうございます。
私は生粋のフェデラーファンですが鈴木選手には本当に感謝したいと思います。だってフェデラーはとても楽しそうにプレーしてたのですもの。あ、もちろんこれは楽勝という意味ではありませんよ、実際フェデラーはあまりに鈴木選手の反応がいいので最初戸惑っていましたもの・・

彼は観客が楽しんでいることもわかっていたし、どう戦えばいいかもわかっていたし、あとはやるだけってカンジでそれにチャレンジすることを楽しんでいたように思います。感情を素直に表現してたのは(これは普段あまり見られません)その表れだと思います。

またSuzukiと戦いたいってフェデラー言っていたので今年のAIGに来てくれればいいですよね。そうなれば鈴木選手のおかげですね。

コメント有り難うございます。
自分らしいテニスで立ち向かったという点が素晴らしいですね。
私も(草トーレベルですが)格上の相手にひるむことなく、自分のベストを尽くせるよう(勝ち負けは別にして)頑張りたいと思いました。

トラックバックありがとうございます。
私アナログWOWOWとネットのニュースで断片的にしかこの試合を見ていないのですが、堂々と王者フェデラーに立ち向かう貴男の姿に、その都度涙してしまいます。本当に素敵でした。

TBありがとうございました。

フェデラーに負けはしましたが、得たものは大きかったように思います。
これからを期待したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/2643553

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木貴男vsフェデラー:

» 鈴木貴男選手2回戦へ(遅ればせながら投稿^^;) [いはらblog]
鈴木貴男選手おめでとうございます。 厳しい予選を勝ち上がって、そして本戦での勝利 [続きを読む]

» 全豪!鈴木貴男 [いはらblog]
貴男くん予選突破したそうですね。おめでとうございますぅぅ♪ [男子シングルス予選 [続きを読む]

» 鈴木貴男祭り [Tennis.info]
少し落ち着いたところで鈴木貴男の試合についてまた書きます。 試合前、期待はしていたもののやはりブレークされまくって、 フェデラー 6-2 6-1 6-0 鈴木... [続きを読む]

» Australian Open・・・Ⅲ [・・* WORLD-STAR *・・ ]
今日のAustralian Open R.Federer (1) 00 6 6 6 T.Suzuki 00 3 4 4 ・・・etc ... [続きを読む]

» フェデラー vs 日本の予選通過選手 [@drive]
全部で11ゲームも獲りました。ほぼ2セット分です。パチパチパチ。セットは取れませんでしたが、よくやりました。公式サイトにもフェデラーでなく日本の予選通過選... [続きを読む]

» 鈴木貴男vsフェデラー [全豪2005二回戦] [Grateful Dys 賛美]
日本男子唯一出場の鈴木貴男は一回戦でギャンビルや破って、二回戦で世界ランキングトップのフェデラーと対決 3-6、4-6、4-6でストレート負けでした・・・ [続きを読む]

» 鈴木貴男対R・フェデラー [テニス日記]
まじすごかったです。 久しぶりに感動しました。最近ベースラインから崩してボレーっていうスタイルばっかだったのでなおさら。 フェデラーもそういう相手ばっかで鈴... [続きを読む]

» 貴男くん残念(ToT) [いはらblog]
画像はJTAのライブスコアボード 惜しかったですねぇ  現地で観戦できた人は幸せ [続きを読む]

« 井田練!死にましたぁ( ☆o☆) | トップページ | 投稿写真ミスキナ(Y特派員より) »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ