フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Ripre

FB

« カット&チャージ!? | トップページ | ジャイアントコーン »

2006.04.19

ヤキトリ

久々に江戸川橋から池袋まで歩き、更に帰宅後に腕立て伏せをした後は、素早くタンパク質の補給だ!おりゃー!という訳で、よなよなエールのツマミにヤキトリでございます(^-^)

夜の8時くらいに地鶏屋@大泉ゆめりあフェンテに行くと1本105円均一になっているので時々購入しています。砂ずり(砂肝)は粒が大きくて歯ごたえがあってお勧めです。今宵は、その他に、もも+にんにく、ねぎま等を買いまして630円でした。

20060419yakitori

話は変わってヤキトリという言葉は、麻雀を打つ者にとっては縁起の悪い響きがございます。『あがっていないのでヤキトリ』といったニュアンスから(あがった人をカラアゲとは呼びませんが…w)、一度もあがっていない人のことを指しまして、ローカルルールによってはヤキトリにペナルティ(罰金ですな)をつける場合もあるのです。

筆者が15年くらい前にバブルが弾けた直後の証券会社の寮で毎週末に戦っていた時は、ヤキトリ-30、ハコテンで-30、更にハコテン(飛び)罰符が-30、ウマはワン・ツーなので最下位が-20というわけで、ヤキトリで箱割れしてしまうと-110、レートは点ピン(千点100円)なので、東一局で割れ目の親にハネ満でも振ろうものなら、試合?開始後ものの数分で11,000円以上が飛んでしまいました(i△i)/^^^

ちなみに筆者、高校2年くらいから麻雀にハマって、軟式テニス部の主将であるにもかかわらず練習をサボリ気味だったというくらい、若い頃から鍛えて?おりましたので、インフレ証券会社ルールでも何とか勝ち越しておりましたが、いま思うと技や実力よりギャンブルな要素の強い麻雀をやっていたと反省することしきりであります(^^ゞ

やはり、テニスが枠の中に入れてナンボ!であるのと一緒で、麻雀もタンヤオ・ピンフを地道に目指すのが王道ではないかと思う、今日この頃なのでありました。。。と書きながら、天米の大将と麻雀対決の企画を思い出したのでありました(笑)

« カット&チャージ!? | トップページ | ジャイアントコーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

了解しました。麻雀大会ぜひやりましょう♪

麻雀なら(テニスジャーナルの駄文を書いた)K島も参加します。テニス同様、長期戦は無理ですが短距離(4時間まで)なら何とかなりまっせ!
「ゼッタイ雨」のウイークエンドがいいですね(笑)。

ミワケンさんへ

私も阿佐田哲也(色川武大)の本は愛読してましたよ(^_-)
麻雀パコン杯やりたいですね☆

テニスの虫さんへ

はじめまして。ご来訪ありがとうございます。
blogとWebサイトを拝見させていただきました。
テニスに熱く、頑張っていらっしゃいますね。
また遊びにいきます(^-^)ノ

おぉ、雀氏伊原!すごいですねぇ。
小生、中学時代に麻雀覚えてから雀歴は20年近く経ちますが、未だ点数計算ができないへたれです。しっかしすごいレートですねぇ。伊原さんの勝負強さはインフレ麻雀時代に培った勝負勘にあるのでは?
今度麻雀のパコン杯やりましょう!私はねぎをしょって行きますので、レートは点5でお願いします(笑)あと割れ目はなしで・・・(^_^;)

はじめまして。テニスジャーナルで、いはらさんのことを知ったテニスの虫と申します。

ちょくちょく、いはらさんのページには遊びにきていました。

いはらさんは、麻雀もやってたんですね。

それにしても、テニスの虫も身長低くて
(162cm)困ってます。
あと、右足は生まれつき少し内反(内側に
傾いてる)していて、走るのが遅いです。
う~ん。かなり致命的です。

でも、元気はあるので、母さん
健康に生んでくれてありがとうって
感じですね。

いはらさんと同じで、テニスに熱中しています。
草トーとかでは、予選敗退がほとんどですけどね。

いずれは、いはらさんのように強くなりたい
と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/9671190

この記事へのトラックバック一覧です: ヤキトリ:

« カット&チャージ!? | トップページ | ジャイアントコーン »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ