フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Ripre

FB

« 枝豆と縞鯵のカブト焼き | トップページ | シャケ ビデオ シューズ アンガス君 »

2007.05.03

しばられ地蔵の呪縛

そんな訳で、ウィンザーぶよぶよガットに見切りをつけて切れていないのに張り替えちゃおうと決心して、ストリンガーの所在を確認したら金町のほうで試合をしているようなので、冷やかし応援も兼ねて環七を東に爆走!?
(白バイが多いので、日和って50キロキープでしたが…)

水元公園付近を走行中、しばられ地蔵入り口の看板(@_@)
なんか気になって寄り道してしまいました。
結果的に、このロスタイムで観戦し損ないました(^^ゞ

20070503jizou

その名の通り、縛られまくっていて谷ナオミビックリ!!!
願掛け縄を100円で買ってお祈りすると良いみたいなので
ストリンガーの予選突破を祈ってギュッと縛っておきました☆

そして、予定より遅れて東金町コート到着!
ベンチにストリンガーの姿が・・・私を見つけるなり「負けちゃった」
え”っ??? 応援できなかったのか(^_^;

しかも、5-2からまくられ、5-6になって、相手が6先だと
言い張るのに同意して終わってしまったらしい(@o@;)
6ゲーム1セットマッチでタイブレもありだよ(ドローを読みなさい)

逆算すると、時間的に、5-2の時点で地蔵を縛っていたような…
まさかそこから身体が固まって振り切れなくなったのでは???
そうだとしたら、誠に申し訳ございません((((((((((((^_^;

⇒テニスblogランキング

« 枝豆と縞鯵のカブト焼き | トップページ | シャケ ビデオ シューズ アンガス君 »

Tennis テニス てにす」カテゴリの記事

コメント

しばられ地蔵の呪縛者さん

おはようございます。コメントいただき恐縮です(^^;
相手が感じの良い人で、気持ちの上ではしこりが残っていないようで、ちょっと安心しました。コートを出てしまうと試合成立となってしまうんですね。私も気をつけます。

私の場合は、終わっていないはずなのに(!?)勝ってしまった試合が何度かありました。ラリーが長くなり過ぎて自分の記憶が飛んだのか、相手の記憶が飛んだのかわかりませんが(@_@)、自分的には5-3のつもりが相手に6-3と言われたりして…ゲームカウントを忘れないようにしないと(^^ゞ

まくられて連敗するとトラウマになりますよね。
目の前の一球一球に集中するのが一番だけど、実際のプレー以外の雑念といかに戦うのかが難しいですね。
私もメンタルを鍛えて頑張りたいと思います。

試合を始める前に私の方から相手に6先か6-6タイブレか確認したら、6先ですと自信を持って言ったの
でそれを信じて6先にしてしまいました。
相手が6-5と報告した際にわかった事で、周りの人は続きからやればと言ってくれたのですが、既にコ-ト
を出てしまったので本部は試合成立という事で終わってしまいました。
相手はかなり申し訳なさそうにしてました。ちゃんと確認しなかつた自分にも否があるので、相手は攻められません。
ジャッジもきれいだったし、好印象な青年でしたよ。
これでシングルス4大会連続まくられての敗退です。メンタルをきたえなければ。

おはようございます

■たけぞうさん

本部で突っ込まれなかったのかも疑問ですね(^^;
motoさんも書かれたように、当人同士が納得して
終わってしまったらそれまでなのかもしれません。

■motoさん

谷ナオミは…K島さんの影響で筆が滑ってしまいました(笑)

ルール上は双方が納得して終わったらそれまでなのですよね。
ちゃんと大会要項を認識してないといけませんね(経験者は語る)。
ちなみにそこで谷ナオミが出てくるタコ君がすてきです。

ドMなお地蔵さんですねww

お仲間、残念です
というか、その相手は本部にスコアいくつと申告したのでしょう?

ルール上、5-6からあらためて続行することはできないんですか?

本戦、頑張ってください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/14940397

この記事へのトラックバック一覧です: しばられ地蔵の呪縛:

« 枝豆と縞鯵のカブト焼き | トップページ | シャケ ビデオ シューズ アンガス君 »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ