フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 久々にキラーズを聴く | トップページ | 朝のバトル »

2008.01.16

テニスのメモ(浅いボールを叩く)

こないだ、浅いボールをフォアハンドで叩く練習をした。球出しのボールを前に出て行って叩く。

逆クロスはグリップエンドが先行してヘッドが後から出てきて腕のしなりを感じるスイングで叩けたが、順クロスはインパクトで引っかかるような感じでしっかりヒットできていなかった。

原因として考えられるのはテイクバックの遅れか二度引きで打点を前にとれていないこと。あとはヘッドが先に出るスイングで引っかかってしまうのかもしれない。

コンパクトなテイクバックと踏み込みを意識して修正してゆきたい。これは、浅いセカンドサービスを叩くときのスイングとも共通する。

« 久々にキラーズを聴く | トップページ | 朝のバトル »

テニスのメモ」カテゴリの記事

コメント

>K島さん

遅いボールを有効活用してネットに詰める時間を作る戦略は流石だと思います(^-^)

先週の木曜、そんな打ち方でサービスを叩かれた記憶があります。球出し同然の球威なので仕方ないですね。それでも日曜は練馬区CのY内、文京区Cのi川相手に1敗1勝(パートナーK本)遅いのも武器のうち(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニスのメモ(浅いボールを叩く):

« 久々にキラーズを聴く | トップページ | 朝のバトル »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

Twitter

カラダカラ

無料ブログはココログ