フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Ripre

FB

« ブリティッシュロック | トップページ | 配合は焼酎7割:サワー3割 だるま@春日 »

2008.08.13

快楽のテニス講座(再び)

20080813murakamuryu


通勤電車のお供に村上龍の本を引っ張り出して久しぶりに読んでいます。技術や道具の進化によってテニス理論が今とは違うのでアレな部分もありますが(例えば当時はトップスピンは攻撃的でないと思われてたみたい)、全体を通しては面白おかしく、また技術的に参考になる部分もあって、肩の力を抜いて読むテニスの教本としては良いのではないかと思います。下僕さんも愛読していたんですねhappy01

flair今朝いちばんインパクトがあった一行はshine

『自分が打ったボールを追うな、それは既に過去だ』(140頁)

これを肝に銘じて、今夜の練習も頑張りまーすup


■目次■

第1章 基本的なテクニック
 この高貴なるフラット・ドライブ
 目立ちたがり屋のバックハンド
 サービスは月へ向かって撃て
 天才のボレーと道楽者のボレー
 書を捨てよ、ネットに出よう
 供花としてのスマッシュ

第2章 ゲームへの参加
 ゲームを左右するリターンについて
 ドライブかスライスか、それが問題だ
 勝利ではなく戦いを好きになろう
 うまくなるための向上心について

第3章 トッププロに学ぶ
 エバート、あなたは偉い
 テニスをエンジョイするコナーズ
 ナチュラルなテニスをするエドバーグ
 ブレーデンの新しいテニス・メソッド
 バーウォッシュのワンポイント・アドバイス
 次代を担う天才、グラフ




⇒テニスblogランキング



« ブリティッシュロック | トップページ | 配合は焼酎7割:サワー3割 だるま@春日 »

Tennis テニス てにす」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

かっぱさん

村上氏はルコントやマックが大好きで、ストローカーのレンドルは酷評されていましたね。私と教祖様のダブルスなんて見せられないですね(笑)

下僕さんの記事は忘れていたんですが、この書籍名でググったらニ順目くらいにヒットしましたよ(笑)

キング夫人の言葉もいいですね~
まずはしっかりネットを超すように心がけます。

いやあ よく読みましたよ この本 あとテニスボーイのゆうつ なんて小説も読みました。
確か彼はビューティフルな庭球を目指していたみたいで自分の嫌いな選手こけおろすときありましたね~レン○ルなんかへのコメントは笑えました。

MAMさん

当時、村上龍はテニスにハマっていたようです。
打っている写真も満載で、なかなかムチムチしてます(笑)

タコ様

芥川賞作家がテニスの本を書いていたとは知りませんでした。
今度貸してくださ~い(*^_^*)

下僕さん、、、お元気そうで!!
(後ほど書き込みます)

古いネタを覚えていただいてありがとうございます(笑)
テニスを始めて間もなくこの本に出会ってしまったため、見事に村上美学を刷り込まれました。
お陰であれから20年経つのに未だにフォアハンドが打てません(泣)

「・・・それは既に過去だ」名言ですね。
私はキング夫人の
「安心なさい。ネットを越えるまでは誰もあなたのボールを打つことは出来ないのです。」
が意味も無く好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/42153325

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽のテニス講座(再び):

« ブリティッシュロック | トップページ | 配合は焼酎7割:サワー3割 だるま@春日 »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ