フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Ripre

FB

« 2009早稲田フューチャーズS準決勝 | トップページ | P王国のブログ »

2009.03.30

サーブ&ボレーヤー本村剛一

練習を早退して(スミマセン)、2009早稲田大学フューチャーズ決勝を観てきましたtenniseye

本村剛一 vs YI, Chu-Huan

YI選手は台湾のデ杯代表で、ダブルスではインドのブパシ・パエスと互角にやりあったくらいの実力者だそうです。

ぐりぐりベースラインプレーヤーの本村選手と、いまどき希少価値なサーブ&ボレーヤーの対戦はどんな展開になるのか見たくて急遽駆けつけてしまいましたrvcardash

20090329w1

着いたときは2ndセット序盤で1-1、1stはYI選手が6-3で取っていました。

昨日に引き続きYI選手のサーブが強烈で、ほとんどブレークできそうな気配がありません。逆に本村選手は苦労してやっとキープしているような状況で、失礼ながら『これは厳しいねぇ』なんて思いながら見ていました。

20090329w2

ザムスト契約の本村選手のアンクルサポーターには51(剛一)マークが入っているのがオシャレですねぇshine

それは置いといて・・・

2ndは何とかかんとかキープ合戦で中盤に入りまして、本村選手は何を思ったのかサーブ&ボレーをやり始めました。日本リーグのダブルスが記憶にあった私は『ヤバイんじゃないの?』なんて思ったのですが意外にイケてて(重ね重ねの非礼をお許しくださいsweat01)、またYI選手も鬼リターンが打ち難くなったような感じで、セット中盤以降は楽々キープの展開でタイブレに突入punch

20090329w3

そしてタイブレは、なぜだか急に本村選手のリターンがきっちり合いだして一気に6-0から1ポイント失っただけで7-1で取ってファイナルセットに突入ですup

20090329w4

そして、ファイナルセットtennis

先に本村選手がブレークして2-0とします。ここまではタイブレの勢いを持続してリターンも合っていて良い感じです。

ところがどっこい、直ぐにブレークバックされてしまいましたdown

YI選手の鬼リターン(特にバックハンド)が炸裂してannoy、サービスダッシュする本村選手の足元をエグりますshock

素人考えな私は目先の損得を考えて『後ろでグリグリやってたほうが安全じゃないの?』と思ったりしますが、プロは攻めの気持ちを引っ込めることは無いんだなぁと思い直して感心します。。。

20090329w5

嫌な流れから立て直したYI選手がブツブツ呟いているので耳をダンボにしてみると『stay down stay down …』と聴こえます。小学生レベルな英語力の私ですが、何となく『腰を落とせ』というような意味だと分かりました。確かに低い姿勢を保っているときのパッシングは切れが良かったですねshine

さて、中盤~終盤tennis

3-3で迎えた7ゲーム目は本村選手が40-15からリターンでエグられたのとダブルフォルトで追いつかれて逆にブレークポイントを握られましたが凌いでキープ、8ゲーム目のYI選手もダブルフォルトで始まってリードされて30-40から本村選手がバックハンドクロスリターンエースでブレークup(こういう場面ではプロもダブるんですねcoldsweats01

本村選手マッチゲームのサーブビスなのに0-30スタートとブレークポイントもあって観客をハラハラheart02ドキドキさせたながら、要所はベースラインにステイバックで頑張ってsmileデュースの末に最後はグリフォアのクロスからバックボレーで〆て2連覇を達成しましたscissors

本村 剛一 (4) d. YI, Chu-Huan (TPE) 3-6 7-6(1) 6-3

おめでとうございますlovely

本村選手のインタビュー(早稲田大学庭球部blog)

20090329w6

優勝スピーチでは、最初YI選手のサーブが良すぎてどうにも出来ないんじゃないかと思ったと仰っていました。そして突然のサーブ&ボレーに関しては、何か流れを変えようと思ってやってみたら意外と効果があって、普段の自分のプレースタイルではないけど『鈴木貴男になりきってやってみました』と言って観客を笑わせておりましたhappy01

確かに、相手の流れで劣勢のときに違うリズムのプレーで調子を狂わせることにトライするのは大事ですね。明らかにYI選手一辺倒だった流れが止まりました。

ネットプレーヤーは、相手にパス打たせているときは(或いはパスミスさせているときは)気持ち良さそうにプレーしているんだけど、いざ自分がパスを打つ場面になると嫌がってリズムを乱すってのがよくありますよね。自分もそんな場面を何度も経験したことがあります。自分の場合はボレーがお粗末なのでパスがネットを越えてくると困るんですが、アプローチ&ウォッチで済めばノープロブレム(笑)

20090328takao

そういえば、前日は貴男選手も練習に来てましたよ~
早稲田では時々お見かけします。学生さん良い環境で打ってるねぇ

20090329w7

豪基くんも大きくなりましたね~

懐かしの本村家の赤ちゃん通信 (by とうこくりえさん)


⇒テニスblogランキングに参加していますtennis



« 2009早稲田フューチャーズS準決勝 | トップページ | P王国のブログ »

Tennis テニス てにす」カテゴリの記事

コメント

MAMさん

いい試合でした。プレースタイルを変える勇気に乾杯ですwineshinebar

タコ様

↑読んでいて手に汗握りましたsweat01

ベースラインプレイヤー本村選手が、決勝で
ビハインドでネットを取るって、なんかとってもすごいことのような気がしましたup

いい決勝でしたねscissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/44509080

この記事へのトラックバック一覧です: サーブ&ボレーヤー本村剛一:

« 2009早稲田フューチャーズS準決勝 | トップページ | P王国のブログ »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ