フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Ripre

FB

« Into The Arena | トップページ | マカロニグラタンデニッシュ »

2010.04.29

タム練@目白台

20100429mejiro

ショートラリー、ロングラリー、ボレスト、球出しでストレート打ち、球出しで短いのを前に出ながら打ち、リーチ、ダブルスのゲームをやりました。

ストレート打ちは初め力んでいたので、途中からコントロールできるスピードを意識したら良い感じになりました。

短いの打ちは小さいテイクバックと足を細かく運んで前に踏み込むパワーを伝えることを意識したら良い感じでした。

サーブ&ボレーは、まだ止まるタイミングが遅かったりして、体が突っ込んだ状態でボールを処理していたのを反省。一本目のボレーを打った後に足が止まらないように注意。

振られたときのストロークは腰をしっかり落とせていれば切り返せることを再確認。やはりフットワークが重要だよね。

2時間を越えたあたりから膝の踏ん張りは悪くなってきますな。それでも、いっときの悪い状況からは改善傾向なので、引き続き筋トレとストレッチを継続してゆきます。

【追伸】
課外授業で、コバチャンにバックボレーを教わりましたtennisdash
ありがとうね!上体の捻りと、右肩を開かないのを意識するわgood


flairテニスblogランキングに参加しています


« Into The Arena | トップページ | マカロニグラタンデニッシュ »

Tennis テニス てにす」カテゴリの記事

コメント

こばちゃん

丁寧なフォロー感謝いたしますhappy01

復習
①身体のラインに沿った飛球線を意識する

②逆クロスに打てるようにするために、身体をターンさせる

③右肩を中心としたラケットワーク

④ヒッティングゾーンに対してラケットを高く準備

⑤左手はテイクバックでラケットを右肩にセットする
が、ボールをヒットした後もその場に残る
(次の準備が遅れるので大きく後ろに広げない)

⑥軸足(左足)でボールを待ち、ステップインちょっと前にインパクトする(追加)

⑦クロスに打っていく場合も身体は開かないよう注意する

⑧インパクト後は腕力を使用してラケットワークをストップしない(追加)

上記ポイント8点を忠実に実行出来る最適な打点をみつけて下さい。
ナイスショットがいくようになるとバックハンドボレーで相手を押し込めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/48213947

この記事へのトラックバック一覧です: タム練@目白台:

« Into The Arena | トップページ | マカロニグラタンデニッシュ »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ