フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Ripre

FB

« 4週間ぶりのテニスで脱皮 | トップページ | 動かぬ猛牛、Amazonの密林に拾う神あり »

2012.12.30

悶々ホルモンを読む

Prefix20121231_095107suffix


雨の休日、レコードをデジタル化しながら、ホルモン屋情報の詰まった文庫本を読みふける。軽い気持ちで読み始めたんだけど、なかなか濃いぃ内容で(お店情報も人物描写も)じっくり読みふけったら3時間以上かかってしまった。先日、西川口じゃんじゃんで飲んでる時にカウンターで見つけて、パラパラと何ページか読んだら面白かったんので(埼玉屋や宇ち多゛の記事もあって)、その場でAmazonの中古1円を見つけて買ってしまったのです。送料は250円かかりますが新品を買うよりは安いし本屋を探す手間もない。

内容は、27歳の(当時)女性ライターさんが一人飲みや編集者や飲み仲間とホルモンの安くて美味しい店を飲んで食って、お店の方や同行者の人物描写をしてといった内容、文庫化する前はモーニングに連載されていたらしく?、文庫になってからの後日談で読者や店の反応が書かれている部分も面白く感じました。名店のガイドブックとしても、また著者の文才を感じさせる読み物としても、よくできた本だと思いましたbottlepigbeertaurus


« 4週間ぶりのテニスで脱皮 | トップページ | 動かぬ猛牛、Amazonの密林に拾う神あり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/56432972

この記事へのトラックバック一覧です: 悶々ホルモンを読む:

« 4週間ぶりのテニスで脱皮 | トップページ | 動かぬ猛牛、Amazonの密林に拾う神あり »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ