フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Ripre

FB

« 本屋のレジにて | トップページ | マウンド »

2014.04.22

うどん、天丼、胃カメラ

51さんの盗撮シリーズの隠れファンであるが、その昔は魔王様にカメラを渡すと危ないと言われていたものである。今よりお腹がぽっこりしていた私がテニス&麦酒&昼寝で木陰でお腹を出して横になっていたらパシャリとやられ、「偉腹さん」なんて書かれるようになったこともあったな。魔王様はカメと呼んで、「ちょっとカメよこせ!」みたいな感じで撮って遊んでいたな。魔王のカメは凄い!(別の伝説もあったような?謎)

おっと、話が脱線したが、人生初の胃カメラ、バリウム検査で胃の炎症を指摘され、精密検査をすることになったのである。そう指摘されると心なしか胃もキリキリするし、ちょっと緊張しながら健診センターの奥の間に進む。地下の奥まったところに内視鏡検査の部屋があるとは初めて知った。

喉の麻酔の薬を含み、先生にスプレーの麻酔薬をシュッとしていただいてから猿轡みたいなの(表現が悪いか?)で口をパックリ開けられてカメラが入っていく、喉を通る時が辛かったが、あとはそれほど苦しまずにモニターを見つめる余裕があった。初心者としては良い出来?だったらしいが、しばらくガツと喉ナンコツは食べたくないな(笑)

看護士さんが、背中をさすってくれてね「いはらさん、大丈夫ですからね、がんばりましょうね」みたいな子供があやされている状態で、口から涎ダラダラは我ながら情けない姿だったが、おかげさんで苦しみも少なく終えることができた。

結果は、逆流性食道炎と胃のビランが多少見られるが、治療を要する状態ではないということで一安心である。ストレスや暴飲暴食に気をつけながらの生活改善を目指しましょうとのことである。食べてすぐに寝ちゃうのも負担がかかるので気をつけないと(休日の昼酒の直後とかね)。

検査の後は、隣接するレストランの6割引き券をいただいたが、最低60分は飲食できないし、日替わりランチは天丼だし(大好きなんだけど!)、今日だけは消化の良いものにしようと決めて饂飩屋に向かったのである!つづく…かも?


うどん、天丼、胃カメラ

« 本屋のレジにて | トップページ | マウンド »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/59516031

この記事へのトラックバック一覧です: うどん、天丼、胃カメラ:

« 本屋のレジにて | トップページ | マウンド »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ