フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Ripre

FB

« 朝からアンパンマン | トップページ | 滝野川公園のニャー♪ »

2016.06.22

酒のほそ道でホッピー仙人を放映(6/23)

酒のほそ道

今週木曜日(6/23)はホッピー仙人を放映との情報を得て録画予約しましたscissors

以下、番組ホームページより引用pencil

今回の舞台は、横浜市“野毛”。横浜駅の1駅隣、桜木町駅を出て数分のところにあるこの町には、あちらこちらにレトロな雰囲気が今でも残り、ちょっと小路に入ると、昔ながらの小さな飲食店や屋台がひしめき合う、いわば、呑んべえたちのパラダイス! 中でも目を引くのが「ホルモン」「もつ焼き」…などなど。サラリーマンが飲んでいるのはビール…ではなく、そう、「ホッピー」。今宵は、「ホッピー」で一杯やりますか!

そもそもホッピーとは…
今から70年ほど前に、戦後の食糧難の時代に高級品だったビールの代用品として、東京・赤坂に本社を構える、現在のホッピービバレッジが考案した、東京生まれの飲み物。
当時としては、ものすごく斬新な発明で、「麦芽を使ったノンアルコール飲料を焼酎で割ると、なんだかビールを飲んだ気分になる!しかも、安くて、すぐ酔えるし…」ということで、東京下町を中心に一世を風靡した、なんだかすごくハッピーな飲み物なのである!
90年代に入り、カクテルやサワー、発泡酒などが流行し始めると、「ホッピー=おやじくさい」のイメージが定着してしまい、冬の時代が続いたが…
近年は、「低カロリー・低糖質・プリン体ゼロ」の三拍子が話題となり、健康に気を使うおじさんだけではなく、若者、女性にも人気が出始めている。いま巷では、ホッピーブームが到来している!?と言っても過言ではないのだ。

今宵、ラズウェルと田中はそんなホッピーを極めに極めたマスターがいるという、とあるBarへ。その名も「ホッピー仙人」。
ホッピー愛好家の間で「ホッピーをこれ以上美味しく呑ませる店は、日本中探しても他にない」とまで言わしめるこの店で、マスターの“仙人”こと熊切憲司さんが次々に作り出す極上のホッピーを味わい、熊切さんのホッピー愛あふれる語りに耳を傾けます。

しかし、まあ、酒場番組は増えましたなtv
低予算で視聴率も稼げるってところが美味しいのでしょうかbottle

酒のほそ道 ホームページ(BS朝日)
http://www.bs-asahi.co.jp/sake/


実は、ホッピー仙人テニス部もあるそうですよ。仙人とはSNSでお友達ですが、まだお会いしたことがありません。いつかテニスして生ホッピーっをご一緒したいですねbeerhappy01


ホッピー仙人
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000448/
https://retty.me/area/PRE14/ARE39/SUB3904/100000008968/

« 朝からアンパンマン | トップページ | 滝野川公園のニャー♪ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11299/63812804

この記事へのトラックバック一覧です: 酒のほそ道でホッピー仙人を放映(6/23):

« 朝からアンパンマン | トップページ | 滝野川公園のニャー♪ »

キーワード検索




  • いはらblogから検索
    WWW から検索

お勧めの本

  • 関口周一プロの闘い

blogランキング

Twitter

カラダカラ

日刊タコ君ジャーナル

無料ブログはココログ